• 記念の手ぬぐい

    記念の手ぬぐい

    今日、職場で手ぬぐいをもらいました。

    私の職場は、大学の研究機関なのですが、その大学が100周年を迎えたので、その記念品として作られた手ぬぐいをもらったのです。

    手ぬぐいは白地に黒で大学の名前と100年という文字が入っていました。

    その大学が自分の母校というわけでもないので、大学の名前が入った手ぬぐいをもらっても使いようがないよなと思いました。

    同僚も同じことを思ったらしく、「使いようがないよね」という話になりました。

    手ぬぐいってあまり頻繁に使うものではないですよね。

    ハンカチやタオルの代わりに使うと良いかもしれませんが、記念品の毛ぬぐいは外では使いにくいものです。

    大学の名前も入っていますし‥。

    家の中で使おうと思ったら、やはりタオルにするか布巾にするかですよね。

    他に何か使い方がないか見てみると、洗顔するときに髪の毛をとめるのに手ぬぐいを使うという方法やお風呂で体を洗う用のタオルにするという方法がありました。

    髪の毛をとめるという使用方法は良いかもしれません。

    私は、髪の毛が長いので、洗顔をするときには、髪の毛をターバンでとめます。

    そのターバンの代わりに手ぬぐいでとめて、そのままその手ぬぐいで顔をふくというのも良いかもしれません。

    でも、手ぬぐいを使うのが面倒で、結局ターバンを使うことになりそうですよね。

    お風呂場で体洗い用のタオルにというのも良いですが、これも、やっぱりボディタオルのほうが使いやすいと思い、結局ボディタオルを使うということになりそうです。

    となると、やっぱり布巾でしょうか。

    おしゃれな手ぬぐいならば、ちょっとした贈り物をするときにラッピングに使ったりもできるようです。

    お酒やワインなどを手ぬぐいで包んであるのを見たことがあります。

    粋な感じがしていいなと思いました。

    夏はペットボトルを手ぬぐいに巻いて持ち歩くという方法もあるようです。

    でも、このようにして使うことができる手ぬぐいってお洒落な手ぬぐいに限りますよね。

    記念品の手ぬぐいはやはりちょっと。

    結局、手ぬぐいの使い道は、布巾で落ち着きそうです。

    同僚も同じようなことを言っていました。

    記念品だから記念にとっておくのも一つの方法かもしれません。

    フィットハイブリッド

    ペットの名前を考える!

    もうスグ夏祭りのシーズンがやってきます♪

    夏祭りと言えばりんご飴やベビーカステラ、射的や金魚すくいなど様々な遊びや美味しい物がたくさんあります。

    もちろん私は今年も金魚すくいをしたいと考えています。

    金魚すくいをしたら必ず金魚を何匹か貰って帰る事にしています。

    大体いつも夏が過ぎる頃には、死んでしまうのですが…。

    その短い期間いつも大事に育てています。

    何匹か貰うといつも名前を決める事にしているのですが…。

    ペットの名前を付けるのは、とても迷う事です。

    私は今まで犬やハムスター、カニや金魚など色々な動物や生き物を飼って来ましたが。

    いつも名前を決めるのに1日以上かかってしまいます。

    一番今までで付けた名前で酷いと言われた物は、カニに付けた『カニミソ』と言う名前でした。

    友人達が遊びに来る度に「それは酷いやろ」と言うのですよね。

    私的にはとてもしっくりと来る名前だったのですが…。

    どうやらペットの名前にしては酷い名前だったそうです。

    「まずなぜカニを飼った」とよく言われましたが、とても可愛かったです(^^)

    全く懐く気配は無くいつも私の目を盗んで逃げられていました。

    去年飼って居た金魚の名前は確か「ささみ」と言う名前でした。

    ただし2匹目、3匹目の金魚の名前もささみだったのです。

    今回はさすがに何か可愛らしい名前を付けようと考えているのですが…。

    一向にささみ以外の名前が思い浮かばないのです。

    ペットに名前を付けるという事は、途中で変更する事が出来ません。

    真剣に考えようと考えようとしていても、変な名前ばかり浮かんで来ます(^^;)

    今までの私のペットになった動物達は可哀想な名前ばかりで申し訳無くなって来ますね。