• 秋の訪れを感じて

    秋の訪れを感じて

    朝晩はすっかり冷え込み、昼間のみ真夏日に戻ったとしても、

    気温の平均を見るからに季節はすっかり秋となったと言えますね。

    暑がりで寒い方がマシと豪語している私でもこの急激な気温の変化には付いて行けず、

    若干ではありますが、鼻風邪を引いてしまったようです。

    暦の上ではすでに秋でしたが、体感で秋と感じられないと秋とは言えず、

    そして秋らしく感じたのはつい最近でしたよね。

    秋らしいと感じる事は人によってそれぞれですが、

    私はつい最近にあった事が秋の到来を感じさせると思いました。

    まずはやはり台風ですね。

    夏であれば梅雨の際に大雨と雷に見舞われる事でカラッと暑くなり、そこから夏の始まりを感じますが、

    秋に関してはちょっとだけ違います。

    秋と言えばやはり台風一過後から始まる感じですね。

    雨が降り出してじめっと暑くなったかと思うと強い台風が訪れ、

    猛烈な風が過ぎ去ったあとには湿気と気温が冷え込み、

    秋の到来を感じさせる始まりとなっています。

    そしてもう一つは有名な言葉である『女心と秋の空』というだけあって、

    非常に不安定な天気模様では無いでしょうか。

    女性の方、ご気分を害されましたら申し訳ありません。

    この記事を書いている今日現在においても晴れ間が来たと思ったら急に曇り、

    風が止んだと思えば強風が吹き荒れるという、非常に扱いが難しい天気です。

    そこで私は格言に「確かに」と納得したのです。

    私が男の立場なので女性の事が分からないだけかもしれませんが、

    男性だと特に何も考えずに話していても会話が成立する事が多く、

    実際男友達との会話は楽でいいのですが、女性相手だとそうもいきません。

    私はお世辞にも女性と話すのが得意では無く、その理由として

    「男相手だったら普通に通じるのに」という会話が通じない事でしょうか。

    昔から女性には冗談が通じないとは聞きましたが、冗談を本気にされてしまい、

    場の空気が変わってしまうんですよね。

    だからこそ女性は慎重に扱うように教えられるわけですが…今でも難しいです。

    色々思う所がありましたが、秋の訪れは事実です。

    これから過ごしやすい季節に喜びつつ、今年も残り少ないので頑張っていきましょう!

    女性の凄さと進化

    私は男ですので女性の事の全てを理解する事は出来もしませんが、

    精神的においては常に男性の上を言っていると申しましょうか、

    とにかく今の時代においては女性は男性の理解の遥か上を行くと思えます。

    常々母からも「女は怖いよ」と助言をいただいてますが、

    やはり私も男である以上、女性に対して少なからず幻想を抱いていており、

    「女性とはきっとこうなんだ」という、男独自の甘い妄想があります(笑)

    実際女性に聞けば「無い無い」と言われるのがオチではあったんですが、

    最近の女性はさらに賢くたくましいと思います。

    というのも男の「女の子はこうだ!」というありえない幻想を真っ向から否定するだけじゃなく、

    むしろその幻想を逆手にとってある程度合わせてみる事により、

    容易に男性の心を掴む女性が多いですよね。

    もちろん男性からすれば演技かどうか考えるどころか、

    むしろ演技だと思っていても自分に合わせていると思っただけで心が弾み、

    すっかり心を開いて自分なりに女性に良くしようとしてしまうものです。

    また、それは内心的な物だけではありません。

    女性は化けると言いますように、外見における洗練は男性では比べようもないくらい上で、

    男性のオシャレと女性のオシャレ、身だしなみの見解の違いは、

    すさまじいと言える、変身と言って差し支えない物を生み出しているように思います。

    最近で言えば有名アイドルのプライベートに密着する番組などが多いですが、

    その際にやはりプライベートまで密着すれば、当然素顔まで露出します。

    もちろん地顔も美しい方が多いですが、その美しさを差し置いても目立つのは、

    やはりメイクの力の凄さと言えましょう。

    私は化粧なんて元々の外見をわずかに彩るだけと今まで思い込んでいて、

    化粧を好む女性の友人が居ない事もあって甘く見ていましたが、

    そうした番組やネットの情報などを見て愕然としました。

    一重は容易に二重になり、顔は色白の張りがある肌があっさりと作られている様子は、

    私に「女性はしっかり内面で選ぼう」と思わせるのに十分でした…。

    私みたいに女性に慣れていない人間からすれば驚きの連続でしたが、

    女性とのお付き合いの経験が多い男性からすれば日常茶飯事なのでしょうか。

    そうなると作られた美しさにどうこう思うよりも、

    そこまで美しさを作る女性に対して敬意が湧きますね。私は男ですので女性の事の全てを理解する事は出来もしませんが、

    精神的においては常に男性の上を言っていると申しましょうか、

    とにかく今の時代においては女性は男性の理解の遥か上を行くと思えます。

    常々母からも「女は怖いよ」と助言をいただいてますが、

    やはり私も男である以上、女性に対して少なからず幻想を抱いていており、

    「女性とはきっとこうなんだ」という、男独自の甘い妄想があります(笑)

    実際女性に聞けば「無い無い」と言われるのがオチではあったんですが、

    最近の女性はさらに賢くたくましいと思います。

    というのも男の「女の子はこうだ!」というありえない幻想を真っ向から否定するだけじゃなく、

    むしろその幻想を逆手にとってある程度合わせてみる事により、

    容易に男性の心を掴む女性が多いですよね。

    もちろん男性からすれば演技かどうか考えるどころか、

    むしろ演技だと思っていても自分に合わせていると思っただけで心が弾み、

    すっかり心を開いて自分なりに女性に良くしようとしてしまうものです。

    また、それは内心的な物だけではありません。

    女性は化けると言いますように、外見における洗練は男性では比べようもないくらい上で、

    男性のオシャレと女性のオシャレ、身だしなみの見解の違いは、

    すさまじいと言える、変身と言って差し支えない物を生み出しているように思います。

    最近で言えば有名アイドルのプライベートに密着する番組などが多いですが、

    その際にやはりプライベートまで密着すれば、当然素顔まで露出します。

    もちろん地顔も美しい方が多いですが、その美しさを差し置いても目立つのは、

    やはりメイクの力の凄さと言えましょう。

    私は化粧なんて元々の外見をわずかに彩るだけと今まで思い込んでいて、

    化粧を好む女性の友人が居ない事もあって甘く見ていましたが、

    そうした番組やネットの情報などを見て愕然としました。

    一重は容易に二重になり、顔は色白の張りがある肌があっさりと作られている様子は、

    私に「女性はしっかり内面で選ぼう」と思わせるのに十分でした…。

    私みたいに女性に慣れていない人間からすれば驚きの連続でしたが、

    女性とのお付き合いの経験が多い男性からすれば日常茶飯事なのでしょうか。

    そうなると作られた美しさにどうこう思うよりも、

    そこまで美しさを作る女性に対して敬意が湧きますね。